「骨盤をしめる」という言葉がたくさんのメディアで取り上げられ、とりわけ「骨盤ダイエット」は、手軽に取り組むことができるダイエット方法として注目を浴びています。

「骨盤ダイエット」という言葉の意味を調べてみると、

・骨盤を矯正することで、身体に良い効果があると考えられているダイエット方法
・骨盤のゆがみを整えて、しなやかな身体をつくり、*痩せやすい身体になる*
・日頃の生活で歪んでしまった骨盤を正しいイチに矯正することで、
*脂肪の蓄積を防ぐ*効果が非常に高く、やり方がとても簡単なダイエット

という説明でした。

骨盤を調整することで「*痩せやすい身体になる*」「*脂肪の蓄積を防ぐ*」ことが出来るのかを考えてみましょう。

キーワードは「恥骨結合(ちこつけつごう)」。

骨盤と恥骨結合

骨盤と恥骨結合

ハートのような形をしているのが骨盤です。

右側の絵のように、骨盤がねじれたり、このハートの片側が外側へ開いてしまうと、骨盤の下にある恥骨結合が離れてしまいます。

恥骨結合が離れてしまうと・・・

腹直筋離開

腹直筋離開

右側の図のように、左右の腹筋をつないでいる白い線上の部分(白線)が横に伸びて薄くなり、左右の腹筋が離れて開いた状態になります。これを腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)といいます。

20年ほど前までは、妊娠後期~産後数ヶ月の女性以外にはほとんど見られなかったそうですが、最近では、産後数年経過している、もしくは妊娠したことのない女性にも見受けられるようになっています。

恥骨結合が離れることで支えが甘くなってしまいます。すると腹筋が緩んでしまい、内臓が下がってしまいます(下垂)。

illust1 kasui

下垂すると、このように胃周辺の臓器がほとんど骨盤の中に入ってしまいます。「胃下垂」の他「腎下垂」というのも珍しくありません。

内臓が下垂すると、こんな症状があらわれます。

・下腹がポコッと出ている
・下痢や便秘
・食欲があるもしくは食欲がわかない
・産婦人科系や泌尿器系の機能低下(尿漏れなど)
・胃腸の機能低下
・深く息が吸えない、呼吸が浅い
・冷え性

これらの症状を改善することで、「*痩せやすい身体になる*」「*脂肪の蓄積を防ぐ*」ことができますね。

本日のテーマ、「骨盤を調整するとダイエット効果はあるか?」の答えは、「あります」。

上記の
・食欲がわかない
・胃腸の機能低下
といった症状が改善されることで、なかなか体重を増やすことが出来なかった方が、体重増加で体調や肌の調子がとても良くなった!というケースもたくさんあります。

「骨盤調整」をする利点の一つは「痩せたり、太れたりして快適なからだになれます」ということですね。

骨盤のバランスを整えたい方は当院へ。

当院では、人間のからだを全体的にとらえ、必要箇所の筋肉を緩めながら骨盤ほかバランスを整えます。

経穴(ツボ)や経絡を押さえながら、マッサージ的・指圧的にほぐし、必要に応じて骨格の調整を無理なく施します。からだの歪みを整えることで、本来の自然治癒力や免疫を高めます。