院長のブログ

股関節が整うと、気持ちも整う。

こんにちは。院長の小澤です。

前回の記事

「美脚・美尻」をつくる共通部位とは?

https://kai-iak.sakura.ne.jp/ozawa-blog/slimlegs-ass/ ‎

で股関節について熱くお話しました。

股関節をゆるめることで、美脚・美尻はもちろん、

腰痛の改善、膝痛の軽減などおからだにかかる負担の軽減に繋がります。

さらに、股関節は「気持ち」にも繋がっていることを、今回はお話したいと思います。

股関節が柔らかいと、気持ちもやわらか

精神や感情の状態は、からだにもよく顕れます。

股関節は、その柔軟性が感情と大きく関わりがあると言われます。

1.フィジカル的な観点からは、呼吸をする横隔膜と股関節が大腰筋だいようきんを介してつながりがあるため

2.ヨガの観点からは、股関節付近(下腹部)にある第2チャクラが感情を司るため

1.フィジカル的な観点から

ストレスが溜まったり、ネガティブな感情が起こったときに固まりやすいのが、

みぞおちや横隔膜。ダイレクトに影響を受けます。

横隔膜は呼吸を司りますから、ストレスを受けて呼吸が浅くなると、

からだに力が入り、何となくいつもソワソワ・・・

冷静で穏やかな気持ちから遠ざかってしまいます。

この状況が続くと、大腰筋で繋がっている股関節の動きも共に固くなります。

股関節の動きが固くなり、可動域が狭くなると、活動も狭まります。

その様子は動くことができないというよりは、動きや変化を拒むようになるような感じです。

呼吸を深く大きくしながら、股関節を意識してグルグル動かしたり走ってみたりすると、

「まっ、いいか」と柔らかくなります。

行き詰まった時には是非お試しを。不思議な感覚です。

2.ヨガの観点から

チャクラとは、サンスクリットで円、円盤、車輪、轆轤(ろくろ)を意味する語です。

ヒンドゥー教のタントラやハタ・ヨーガ、仏教の後期密教では、

人体の頭部、胸部、腹部などにあるとされる「中枢」を指す言葉として用いられます。

第2チャクラは、へその下「丹田たんでんといわれるツボでもあります。

「丹田」は気力を育て、元気をチャージする経穴けいけつとされ、

呼吸法でもよく意識される場所です。

不眠や情緒不安定、便秘、頻尿などに効果があるとされています。

第2チャクラとしては、感受性を育てる場所とされ、

頭で考えていることと、心がかみ合わないことが多い人はチャクラの回転が乱れ

不調になりやすい場所です。

その不調が大きくなると、骨盤を後ろに引っ張り、股関節が動かしにくくなります。

逆に、股関節がしなやかに動くと感情が解放されて心身スッキリ!

気持ちも表情もやわらかくなります。

突然歩行困難になった少年が、元気に。

こども整体でご来院された8才の男の子がいました。

半年前くらいから、突然足の踏ん張りが利かなくなり杖をついて歩行するも、

骨格や筋肉には異常が見られない状態でした。

今回の話題の流れからも、原因は股関節だったのですが、

施術していてもとりわけ筋肉が固い、骨盤のバランスが悪いということは感じられませんでした。

15分という短い施術時間の中で、「妹がいる」という話になりました。

生まれて9ヶ月、最近よくハイハイをして動くようになった妹の話をした時に、

ちょうど私が股関節を曲げ伸ばしする施術をしていたのは、

彼のからだを整えるきっかけ、きっと偶然ではなかったと思います。

かわいい妹の話を楽しげにしている彼の表情と、痛がる様子がチグハグで戸惑いましたが、

そのまま股関節をストレッチしました。

妹がよく泣く話、

妹が触れないようにテレビのリモコンをいつも隠すこと、

妹の食事(おそらく離乳食)と同じ、自分もカボチャを食べることが多くなったこと。

股関節を痛がりながらも妹さんの話をし倒して、15分。

最後はすっかり股関節や腹部が緩み、杖を使わず元気に歩いて帰っていったのです。

お母様もとても驚きながら喜んで帰られ、よかったなと思う一方で、

一体、何が良かったのか・・・あれこれ調べました。

ヨガの世界では、股関節は感情のメモリーバンクと言われ、

そこには感情が沢山蓄積されています

特に '自信' '自己愛' という感情と強い関わりを持つんですよ

という内容の記事を読んだ時、わたくし自身にも年の離れた妹がおり、

妹が小さい時には様々大変だった話を少年としたことを思い返しました。

そうか、そういうことか。

「かわいい妹だけど、大変なんだって思ってもいいんだ。」

自分の寂しさや大変さをこらえていて、それが彼なりに解放できたことで

歩けるようになったと分析しました。

その後、少年がご来院されることはなく、

確認することは幸いなことにありませんが、当たらずとも遠からずだと思います。

ストレスフルな感情を

「大したことじゃない」「相手に悪気はない」

と処理すると、その気持ちの固さはいつしか股関節へ。

こどももおとなも、股関節はしなやかに限ります。

 

ご予約はこちら

お電話(03-6479-0973)でも承っております。お気軽に問合せください。

-院長のブログ

Copyright© 整體院 快 , 2019 All Rights Reserved.