院長のブログ

肩に入った力を抜く方法

こんにちは。院長の小澤です。

「知らず知らずのうちに、力が入っていて首や肩がこりやすい」

と患者さんが話していたのですが、どうしたらうまく脱力できるのかな・・・

スタッフ皆で昼食中のこの話題を、今回は皆さんとシェアしたいと思います。

 

肩の力を抜きたい時は、肩に力を入れる

「~しないようにしよう」

とすると、結果そうなってしまうのは自然の摂理、世の常のような気がします。

「また叱ってしまった・・・褒めて伸ばそうと思っていたのに!」

「夜のおやつはもうやめようと思っているのに・・・また食べちゃった!」

という感じで。

分かる!それずごく分かるー!

と皆で盛り上がり、話題は「そもそもなぜ肩に力が入るのか?」へ。

・パソコン作業で集中、気付くと力んでいる

・どこか緊張している?人と話す時に力が入りやすい

・ランニングしていると肩が上がってきて、力が入っている

・満員電車って力が入る

・噛みしめ癖があって、常に力が抜けない

などなど、そんな話の中で、学生時代に本格的にテニスをしていた

当院スタッフ 馬道(うまみち)がこんな話をしてくれました。

「試合中、大事な場面で力んでしまい、なかなか決められない時に、
あえて肩に力を入れることをコーチからお勧めされました。
自分のからだに集中することで、余計なことを考えない!
いい精神統一方法だと思って、実践していました。」

 

自分のからだに集中する。

これがどんなシチュエーションにも共通する、いい方法だなと思います。

ふと我に帰る、場面転換のような感じでしょうか。

自分のからだに集中しやすいのは、「呼吸を意識すること」。

あえて肩に力を入れ、大きく息を吸う・・・こんな方法はいかがでしょうか?

先程の馬道の話もそうですが、精神的にも呼吸的にも苦しくなると、

たくさん空気を取り込もう、たくさん点を取ろうとして息を大きく吸おうとしますが、

先ずは十分に吐ききる。

吐ききれば、「自然に」入ってくるものです。

手に入れたいものがあれば、先ずは差し出す。

より知識を得たければ、先ず今ある知識を皆でシェアする。

「力を抜いて、出せば、入ってくる。深いなぁ・・・」皆で唸るランチタイムとなりました。

 

ご予約はこちら

お電話(03-6479-0973)でも承っております。お気軽に問合せください。

-院長のブログ

Copyright© 整體院 快 , 2020 All Rights Reserved.