院長のブログ

たくさん歩いた日の夜は、足裏と足甲 両側に湿布を!

こんにちは。

院長の小澤です。

10日間のゴールデンウィークが始まりましたね。

行楽やイベントで、たくさん歩いた日の夜は

こんな感じで足裏に湿布などを貼ったりしますね。

ほてった感じにひんやりする湿布は、

「あぁ、効いてるなー。」

という実感もあり、心地良いものです。

さらに、翌朝の効果を倍!いやそれ以上にするなら、簡単なこんな一工夫を。

足の甲に、もう一枚湿布を張ります!

もし、湿布が手元に一枚しかないなら、半分に切って両側に。

表と裏、両側を冷ますことで、翌朝の足の軽さは格段に上がります!

 

足甲にも湿布を貼ると効果的なわけ

足の内側・土踏まずの頂点に「舟状骨」(しゅうじょうこつ)という骨があります。

舟状骨01

「舟状骨」(しゅうじょうこつ)という名前は、

足の甲で“船底”のようなアーチを描いていることから付けられました。

体重を支えたり、足の蹴り出しの際などに重要な骨です。

土踏まずの真上にあるこの「舟状骨」が、地面の方向に落ちてしまってアーチが崩れるのが扁平足です。
また、アーチが崩れることで、足幅が広くなり、出っ張った部分が靴に当たって痛む人もいます。これが外反母趾です。

扁平足と外反母趾

 

たくさん歩くことで、疲労を感じやすいのは足裏ですが、

舟状骨を含む足甲にも大きく負担がかかり、疲れやすくなります。

足甲が固くなると、足首の可動域も狭くなり、足が上がらなくなります。

何もないところでつまづいて恥ずかしかった…というご経験は、

足裏+足甲+足首のバランスが取れず、可動域が上手に取れない状態の時に起こっています。

こんな患者さんがご来院された時に、当院で行うリフレクソロジー(足マッサージ)の手技をご紹介。

歩き疲れた夜に、クリームをつけて滑らすようにしてマッサージしてから、

足裏+足甲に湿布をぺたっと貼ると、翌日は足の軽さとむくみの解消まで。

プロ級の仕上がりです!!!

 

たくさん歩いた後のお勧めマッサージ

1.足甲をマッサージ

足首付け根から足指付け根までを往復してゆるめます。

親指を使ってマッサージすると、ちょうどいい圧がかかります。

クリームやオイルを薄くつけ、指と指の間を狙って上下に滑らせると、うまくマッサージ出来ます。

親指側~小指側まで順次押していき、小指側まで来たらまた親指側まで戻ります。

2~3往復すると、足の張りやむくみがすっきりします!

 

2.踵をマッサージ

外側の踵を矢印の方向に滑らせるようにしてマッサージします。

1.と同様にクリームやオイルを薄く塗り、

・親指

もしくは

・握り拳を作り、人差し指~薬指の出っ張った関節

で滑らせるようにして押します。

腰にも効く場所です。

腰が痛い時は、踵のマッサージはかなり痛いです。

様子を見ながら押しましょう。

(愛情をこめた「お仕置き」にもお勧めです)

 

内側の踵も同様に。

外側・内側両方が緩むと、足首のロックが外れるような感じになり、

とっても足が動かしやすくなります!

足首にはリンパ節もありますので、むくみも取れて一気に美脚に!!

 

 

3.足裏をマッサージ

■青竹を踏む
■土踏まず部分で押しつけながらボールを転がす
(面が大きい方が刺激が少ないので、テニスボールやソフトボールなどがお勧めです)
■うつぶせで、どなたかに土踏まずをギューギュー踏んでもらう

 

…など、皆さんそれぞれのスタイルで、足裏をゆるめて下さい!

1.と2.が終わった後に足裏を緩めると、足裏がピッタリと床にくっついて

重心が安定します!

外反母趾の方は、親指の当たる部分も少なくなるので負担が随分なくなりますよ。

 

撮影時のビフォア・アフター

撮影者・当院スタッフ秋山が

「せっかく撮るなら、むくみを取ってからにしましょうよー!」

と片側の口角をにやりと上げて、撮影前にリフレクソロジー施術をしてくれました。

痛い…。痛すぎます。

内側のくるぶしを緩めています。

足首を緩めています。

施術時間は6分ほど。

秋山のテンションが上がるのに比例して、私の足はスッキリしてこんな感じになりました。

施術前はこんな感じでした。

足甲と足首がスッキリしていることに加え、

施術後は肌のトーンがかなり明るくなりました。

色味補正はしていません…痛い価値あり!

(今回はわたし用の施術のため?日頃の憂さ晴らし?でかなり勢いのいい施術でしたが、

日頃の施術はもう少し穏やかです。ご安心下さい。)

これから素足で歩くことが多くなるシーズン。

特に女性の皆さん、リフレクソロジー、お勧めですよ。

 

 

ご予約はこちら

お電話(03-6479-0973)でも承っております。お気軽に問合せください。

-院長のブログ

Copyright© 整體院 快 , 2020 All Rights Reserved.